積立投資

投資信託は何本持てばいい?|複数保有するメリット・デメリットを解説

投資信託_複数_保有_指数被り_メリット_デメリット_アイキャッチ

今回の内容

  • 投資信託を複数持つメリット/デメリット
  • 本数を決めるときに考えること
  • 指数被りの投資信託の保有はあり?
  • 筆者の投資信託の保有数

 

つみたてNISAで積立投資を始めても、何に投資すればいいのか、何本保有すれば分からないことありますよね💦

 

ショウ
かつての私もそうでした😂

 

2019年6月からつみたてNISAを始めました。

当時は何に投資したらいいのか分からず、とりあえずお試しで30銘柄に投資していました。

これはこれで「投資は学ぶより慣れろ」を実践した形ですが、、、

今見ると、同じ指数に連動する投資信託に投資していたりと...。

分散投資できていたかは別として、色んな銘柄の値動きを身をもって体験できました。

 

今ではつみたてNISA+特定口座で4銘柄へ積立中です。

積立銘柄は記事後半、投資変遷はプロフィールで書いています。

プロフィール

【プロフィール】貯金ゼロ浪費家から月5万円積立投資家へ

 

この記事を書いている人

ショウ(@show_investment)

投資信託を複数保有するメリット/デメリット

結論、メリット/デメリットはこのようになります。

複数保有のメリット

  • アセットクラスが異なれば分散投資に
  • 繰上償還リスクを低減

 

複数保有のデメリット

  • 管理が煩雑になる
ショウ
それぞれ解説していきます!

 

投資信託を複数保有するメリット

複数保有のメリット

  • アセットクラスが異なれば分散投資に
  • 繰上償還リスクを低減

 

アセットクラスが異なれば分散投資として有効

まずはアセットクラスとは、

『アセットクラス』

同じようなリターン(値動き)やリスク特性を持つ投資対象の資産種類・分類のこと。 国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、商品、REITなどがある。

引用:野村證券 用語解説集より

アセット(Asset)は英語で「資産」のこと。

アセットクラスは資産の種類のことですね。

 

株式や債券、REITなど様々なアセットクラスの投資信託を複数保有すれば、分散投資になります。

分散投資の例

分散投資の例(金融庁HPより)

 

一方で、同じ指数に連動したり、同じ地域に投資する投資信託を複数保有しても分散投資とは言えません。

 

例えば、

  • eMAXIS Slim先進国株式
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

2つとも「MSCIコクサイ・インデックス」指数に連動する投資信託です。

※「MSCIコクサイ・インデックス」・・・日本を除く先進国株式に連動する指数。

そのため、この2つのファンドを保有していても分散投資とは言えません。

 

指数や地域、通貨を分散できる投資信託を複数持つと分散投資できるメリットがあります。

 

繰上償還リスクを低減

まずは繰上償還(くりあげしょうかん)とは

繰上償還

投資信託が運用を終了し、投資家の元に資金を返還すること。

投資家の換金などにより投資信託から資金が流出し、運用会社が効率的な運用ができないと判断した場合等に当初の期限(無期限もあり)を繰り上げて償還(返還)することがある。

繰上償還って何?(ニッセイAMより)

運用効率が悪かったり、人気のない投資信託などは途中で運用をやめてしまうことがありえます。

運用し続けても、赤字であることが主な理由です。

そうなると、途中で投資資金が投資家の元へ返還されてしまいます。

 

長期投資前提だったのに、途中で強制的に資産を売却されてしまうと、当初の投資計画が崩れてしまうことに繋がります。

 

このため、複数の投資信託を保有することで、一部が繰上償還を起こしても、他でカバーできるメリットがあります。

 

一方で、投資信託がもつ資産「純資産総額」が多い銘柄に投資することで、繰上償還のリスクは低くできます。

つまり、複数の投資信託を保有する必要がなくなります。

純資産総額30億円~100億円以上の銘柄を選ぶと繰上償還リスクは低いとされています。

※純資産総額・・・投資信託が保有する資産の額。

 

なお、つみたてNISAに選定されるような銘柄を選択すれば繰上償還リスクはほぼないのではと思います。

金融庁の基準で長期投資に向いている判断とされ、資産流入が多い銘柄がほとんどです。

ちなみに、つみたてNISAの銘柄選定基準は「SBI証券 つみたてNISAの選定基準は?」が分かりやすいです。

 

投資信託を複数保有するデメリット

いろいろ議論されますが、デメリットはこの1つだと思います。

複数保有のデメリット

  • 管理が煩雑になる

 

管理が煩雑になる

単純に管理が煩雑になります。特にパフォーマンス分析に関してです。

つみたてNISAに選定されるような優良銘柄へ投資している場合は、パフォーマンス分析は基本的に必要ないと思います。

 

ただ、そうではないテーマ型投資信託やレバレッジ型投資信託などへ投資している場合はパフォーマンス分析が必要です。

アセットクラスが極端に偏っているなど長期投資に向いていない可能性があるからです。

こういった銘柄を複数持つことで細かい分析ができない可能性が出てきます。

 

なお、昔は自動積立設定が無かったため、購入時の管理が大変だったというデメリットがありました。

しかし、今では設定すれば何銘柄でも自動で買い付けできるため、複数保有するデメリットはあまりないように感じられます。

 

ここまで、投資信託を複数保有するメリット/デメリットを見てきました。

複数保有のメリット

  • アセットクラスが異なれば分散投資に
  • 繰上償還リスクを低減

 

複数保有のデメリット

  • 管理が煩雑になる

 

ショウ
ここからは何本持つか決める前に考えることを解説します!

本数を決めるときに考えること

では、投資信託を何本持てばよいのか?

これは前述のアセットクラスを決めれば、本数も決まります!

 

例えば、

『全世界株式へ100%投資したい』のであれば、

  • 全世界株式の投資信託1本
  • 全世界株式(日本除く)1本 + 日本株式1本
  • 日本株式1本 + 先進国株式(日本除く)1本 + 新興国株式1本

といった選択肢に。

 

『米国株式50%+外国債券50%』へ投資したい場合は

  • 米国株式1本 + 外国債券1本

といった選択肢があります。

 

アセットクラスが決められれば、何本でも保有してもよいと思います。

 

なお、アセットクラスは自身のリスク許容度に合わせて決められます。

例えば、

  • リターン重視の場合は株式中心の運用
  • 値動きをなるべく抑えたい場合はバランス型(4資産型や8資産型)

の運用が代表的です。

 

この辺りは書籍などで参考事例を学ぶことオススメします。

『3000円投資生活』はつみたてNISAなどの制度が平易に説明されていたり、家族構成や目的に応じたアセットクラス例などが紹介されています。

ショウ
投資を学ぶなら体系的にまとまった本がオススメ!

 

筆者は4銘柄へ積立投資

現在、筆者はつみたてNISA+特定口座で4銘柄へ積立中です。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim新興国株式

2022年積立投資銘柄

理由は2つありまして

  1. 全世界株式への投資を軸に、新興国株式の割合をやや多めに
  2. 全世界株式1本ではなく、各地域の値動きを把握できるようにしたい

といった理由があります。

新興国株式の割合を増やすことで長期的なリターンに期待しています。

 

アセットクラスなど詳しくは『投資方針』👇で書いています。

投資方針

2022年投資方針_アイキャッチ
2022年投資方針|月5万円積立投資・ポイント投資・高配当ETF・企業型DC

メインで行っている4つの投資手法の方向性をまとめています。 積立投資(つみたてNISA+特定口座) ポイント投資 高配当ETF 企業型DC   積立投資は月5万円を4銘柄の投資信託の購入へ。 ...

続きを見る

複数のアセットクラスに投資したいならバランス型もあり

様々なアセットクラスに投資したいのであれば、複数の投資信託を保有するのも1つの方法ですが、

バランス型の投資信託を保有するという選択肢もあります。

 

『eMAXIS Slimバランス8資産均等型』

であれば、8つのアセットクラス(国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リート)へ12.5%ずつ均等に投資してくれます。

eMAXIS-Slimバランス8資産均等型_アセットアロケーション

eMAXIS Slimバランス8資産均等型 交付目論見書より

こういったバランス型ファンドを軸に分散投資。

先進国株式の割合を増やしたいなら、先進国株式の投資信託を保有するのもありです。

 

余談:保有銘柄多いとリターンやコストが高くなる?

同じ指数の投資信託を保有しても分散投資にはならないと書きました。

でも、分散投資にならないことを理解しているのであれば、特にデメリットはありません。

 

例えば、以下の先進国株式の投資信託。

  • eMAXIS Slim先進国株式
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

このような指数被りかつコストが同等の投資信託を持つこと自体はデメリットは特にありません。

 

コストやリターンが同等の投資信託を複数持っても、トータルのコストやリターンは変わりません。

例えば、

  1. eMAXIS Slim先進国株式1本に100万円投資
  2. eMAXIS Slim先進国株式に50万円&ニッセイ外国株式インデックスファンドに50万円投資

両銘柄は同じ指数に連動し、コストもほぼ同じため、AとBはほぼ同じ結果になります

 

1年間のコスト(信託報酬)について単純計算すると、

  1. 100万円✕0.1023%=1,023円
  2. 50万円✕0.1023%+50万円✕0.1023%=1,023円

A,B両者同じコストになります。

 

リターンについても年率5%とすると、1年間のリターンは

  1. 100万円✕5%=5万円
  2. 50万円✕5%+50万円✕5%=5万円

A,B両者同じリターンになります。複数年積立しても同じ結果になります。

 

ショウ
指数被りの投資信託はコスト/リターンが同等なら、投資し続けてもOK!

さいごに

投資信託を複数保有するメリット/デメリットは

複数保有のメリット

  • アセットクラスが異なれば分散投資に
  • 繰上償還リスクを低減

 

複数保有のデメリット

  • 管理が煩雑になる

といったように適切な分散投資ができればリスクを抑えられるメリットがあります。

一方で保有しすぎるとパフォーマンス分析が細かくできなくなるなど管理が煩雑になるデメリットがあります。

 

なお、アセットクラスを決めることで投資信託を何本持てばよいのか決められます。

筆者は全世界株式への投資を軸に4本積立投資をしています。

 

なお、いくつものアセットクラスに投資したい場合は、バランス型ファンドなどを利用すると楽に分散投資できます。

 

ショウ
ご自身の投資戦略に合わせて投資信託を選んでみてください(^^)

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 


応援クリックいただけると
嬉しいです(* ˃ ᵕ ˂ )

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村


オススメ書籍

つみたてNISAやiDeCoの制度から積立例まで解説が易しく超初心者向けです🔰✨ 投資を始めるなら体系的にまとまった本を読むことをオススメします👍
ショウ
せっかく始めるなら知識不足で損したくない!

合わせて読みたい👇

投資方針

2022年投資方針_アイキャッチ
2022年投資方針|月5万円積立投資・ポイント投資・高配当ETF・企業型DC

メインで行っている4つの投資手法の方向性をまとめています。 積立投資(つみたてNISA+特定口座) ポイント投資 高配当ETF 企業型DC   積立投資は月5万円を4銘柄の投資信託の購入へ。 ...

続きを見る

プロフィール

プロフィール
【プロフィール】貯金ゼロ浪費家から月5万円積立投資家へ

はじめまして!   当ブログにアクセスしていただきありがとうございます! ショウアウトドア大好き投資家ショウです!   このページでは、私の自己紹介と当ブログについてご紹介します。 ...

続きを見る

最新の投資成績

2022年4月つみたてNISA運用成績_アイキャッチ
2022年4月つみたてNISA運用成績公開!|世界的な株価下落も「円安」に助けられてる!

2019年6月から始めた「つみたてNISA」運用成績を公開。ドル建て株価は下落も円安の影響で投資信託の下落幅は縮小へ。含み益が-5%(6万円)の減少と成しました。積立中のニッセイ外国株式インデックスフ ...

続きを見る

ショウの資産形成コンパス

当ブログでは、資産形成に役立つ倹約術や国の投資制度「つみたてNISA」を利用した積立投資に関する記事を書いています!

ショウの資産形成コンパス_モバイルヘッダー

ブログトップページへ

 

-積立投資

© 2022 show&marimo